読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文字の速さ


私はすごい速さで書かれる文字の音が嫌い

表現力の乏しい私には、その文字の速さを文章で表現することは出来ないが、とにかくものすごい速さで書かれるのである。

あの速い音がどうしても好きになれない。

あんなに速く書かれた文字には意味が無いような気がする。ただ書かれているだけで、文字として形があるだけで、本当の文字としての意味は何一つとして持っていないようなそんな無意味な記号に思えてしまう。書かれているうちに意味が生まれるはずなのに、意味が追いつく前に書き終えられるのだ。

私はあの速い音を聞くと焦る。落ち着かなくなってどうしていいか分からなくなる。呼吸が乱れるような苦しさがある。先を急げと言われているようで、脅されているみたいだ。

だから文字をすごい速さで書く人が苦手だ。速い文字の音で私を焦らせる人を好きになれない。

意味の無い文字をべらべらと書く人は意味の無い言葉をベラベラと話す。表面上の、形しかない言葉で傷つける。そういう人はボキャブラリーだけは豊富である。きちんと理解し知識となるまでは行かないが言葉そのものは知っているという意味でだが。私はたくさんの言葉を知らなくてもいいから、中身を大切にしたいと思う。綺麗事だろうがなんだろうが構わない。抜け殻のようにはなりたくない。

ほんの少しでもいいから私の文字には価値を持たせたい。