読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしのともだち

今日はこれから高校からの友達と遊びます。


  よくよく考えると私は高校時代、良くも悪くも親しくなりたい人と親しくしていた気がする。親しくなった人ではなく親しくなりたい人と親しくしていた。

  入学して名簿が近かった人がとっても雰囲気かよく、惹かれた(親しくしたい人A)。その人は同性だがある意味で一目惚れだったのだと思う。親しくしたいと思った。次の日から朝は「おはよう」に始まり、夕方は「明日ね」と会話を交わし親しくなっていった。

  これもまた1年の時。
教室でいつも楽しそうに大声で笑っている人たちがいた。その塊の中に私が親しくしたいと思う人がいた(親しくしたい人B)。初めは全く関わりもなかったその人と同じ教室で過ごしているうちに面白さに気づいた。親しくしたいと思った。その後私はその人と親しくなった。

  2年の時。クラス替えが行われ、昨年の親しくしたいと感じた人たちとは全く別の教室に入れられた。この時私はかなりショックだった。親しくしたい人と親しくしづらくなった。2年の時も3年の時もぼちぼち親しくしたい人と親しくなっていった。

  今回は1年の時の二人の話をしようと思う。

  2人とも親しくしたいと思って親しくなったのだが、Bに関してはなぜ親しくなれたのかがさっぱりわからない。すきなアーティストも服の好みも全く違うのである。しかし親しくなれた。というか、本当に親しくしたいと思っていた。特別面白くない話にも大声で笑い、気を遣って会話を面白くさせるなど、「親しくしたい」という気持ちが強かった。気を遣ってまで親しくしたかった。つまり面白いから親しくしたいのではなく、親しくしたいから面白くしていたのだ。何がなんでも親しくしたかったのだ「なぜそんなに親しくしたいのか?」「気を遣ってまで親しくするのは親しくないのではないか?」そんな疑問が聞こえてくるが、本当に親しくしたかったし、親しくしていたのである。

  Aは高校を卒業した今でも連絡を取ったり遊んだりしている。この人とは2年の時1度も口をきかないということがあったが、3年からはまた親しく出来ている。しかしその1年が大きかった。私の知っているAとは少し違ったAになっていたのである。最近のAは以前よりわがままになったように感じるのである。

例えば遊ぶ計画を立てる時、私の事情や気持ちは無視で決める。少しでも気に入らないことや嫌なことがあればすぐに態度に出す。

こんな幼稚なことはしない人だったはずなのに、私の知らない1年の間に変化していた。

以前の私が知る姿からは想像出来ない行動をとるため、Aは悪くないのではないか?私が幼稚でわがままになっただけなのではないか?と悩んだこともあった。しかし、客観的に見てみてもやはりおかしいと感じてしまうのである。そんな態度を取られて頭にくるが、やっぱり親しくしていたいと思う。なぜか親しくありたいのだ。そのために相手が態度に出しても私が普通にしていれば向こうも普通にしやすいだろうと思って何も言わなかったり、気を遣ったりしていた。

客観的に考えたらおかしい状況なのに、「親しくしたい」という気持ちだけが先走り私の中はぐちゃぐちゃだ。


親しくしたい

なぜ?趣味も何も合わないのに?あんなに自分勝手な部分があるのに?

それでも親しくしたい

なぜ?気を遣って過ごすのが本当に親しい友人か?疲れてしまうだろう?

わからないが、親しくしたい。


  どんなにひどいことを言われてもどんなに頭にきても親しくしたいと思ってしまう。

  依存と言われれば依存しているのかもしれない。私は自分が理解出来ないし、怖いとも思う。だからといって親しくしたくないとは思えないし、自分で抜け出せない結果が依存なわけであるからどうしようもないのである。

  私はこれからも親しくなった人とではなく「親しくしたい人」と親しくするのだろう。